市川高信 Takanobu Ichikawa

Recording Engineer & Producer

1962年9月20日生 A型

History

少年期にディープパープル「パープルロール」を聴き、衝撃を受け即座にバンドを結成。
ギターを担当するが、理系好きが高じてエンジニアの道に進む。

Works

Recording & Mixing

陣内大蔵

1997年
アルバム「View」シングル「晴れのち曇りそして雨」
1999年
アルバム「J」
2001年
アルバム「Bridge」

ゆず

2001年
ライブFilms「トピラツアー2000〜2001」「ふたりのビッグ(エッグ)ショー」「ライブアルバム歌時記」
2002年
ライブFilms「ふたり秋味」「満員音(楽)礼」「ユズモラス完全版」
2003年
ライブFilms「すみれ」
2004年
ライブFilms「1〜ONE〜」
2005年
ライブFilms「GO HOME」
2006年
ライブFilms等 Mix予定

mihimaru GT

2006年
シングル「さよならのうた」(3/15発売)
シングル「気分上々」(5/3発売)
その他、初夏発売予定シングルなど。

他、明和電気、MULTI MAX、山口岩男、酒井ミキオ、鹿賀丈史、長織有加、樋口沙絵子、水野あおい、伊東彰・・・etc.

Recording

中村隆道

1996年
アルバム「いつか辿りつく景色に・・・」

他、 BLUE FIELD、THE OYSTARS、パラダイス山元と東京ラテンムードデラックス、稲垣潤一、小島麻由美、相沢友子、中島みゆき、CHAGE & ASKA、服部祐民子、藤谷美和子、大植三奈江、psyco babys・・・etc.

Others

東武動物公園サウンドシアターの立体音響レコーディングの編集作業に参加したり、映画「Lie Lie Lie」のサントラアルバムにてドルビーサラウンドミックスを行ったり、セガサターン「リアルサウンド〜風のリグレット」ゲーム本編の編集作業に参加する等通常のレコーディングに留まらず、ライブ収録に至るまで様々なレコーディングに幅広く対応が可能。
生楽器と打ち込み(電子音)の融合という点においても、馴染みよくかつ引き立て合う音作りに定評がある。
アーティスト・クライアントの要望に添いながら、音楽的でバランスの良い音作りが特徴である。